いよいよ世界最優秀ソムリエコンクールが開催されます

2013年3月26日 23:00

国際ソムリエ協会(A.S.I.)は、1969年の設立以来14回目、日本では二度目となる世界最優秀ソムリエコンクールを3月27日から29日に東京で開催します。

開催前日の26日午後16時半より、グランドプリンスホテル高輪にて、オフィシャルスポンサーであるモエ・エ・シャンドン社主催のオープニング・プレス・カンファレンスが行われました。

2013032602.jpg

田崎真也A.S.I.会長より「今回初めて歴代の世界最優秀ソムリエが、残念ながら来日出来ない一人を除き、12名が一堂に揃います。1995年に最優秀ソムリエになって以来のコンクールでもあり、その会場高輪プリンスで開催出来ることを誇りに思います。5年前、小飼一至前A.S.I.会長のもと東京大会開催が決定しました。明日は小飼前会長の命日でもあります。思い出となったこのコンクールを是非みなさんとともに成功させたいです」と挨拶がありました。

次にセルジュ・デュプスA.S.I.副会長がコンクールの概要を説明しました。「毎年『発見』があるコンクールですが、今回もどんな『発見』があるでしょうか。筆記試験とさまざまな種類のワインテイスティングはもちろん、母国語以外の言語によるサービス実技、ワインリストの間違い探しや料理とワインのマリアージュなど、かなり厳しいコンクール内容になると思いますが、選手の健闘を祈ります」と挑戦する女性6名を含む57名(1名欠席)の選手にエールを送りました。

2013032601.jpg

一番新しい第13回の優勝者、ジェラール・バッセ(英)氏より、歴代最優秀ソムリエの名前が刻まれた優勝杯の返還式が行われました。
このトロフィーは、コンクールの最終日に今年度の優勝者に贈られます。

この優勝杯を手にするのは誰になるでしょう。

 2013032603.jpg

18時からは、同ホテルにて、オフィシャルスポンサーのサントリー主催のウエルカム・ディナーが催され、来日した選手や家族、A.S.I.メンバー加盟国の協会関係者やプレス関係者らが集いました。日本ソムリエ協会の岡会長が歓迎の挨拶をし、参加者は日本のワインやお寿司、天ぷら、すき焼きなどを楽しみました。明日からの厳しいコンクールを前に、集まった選手たちは明るく情報交換をしていました。

2013032604.jpg

明日から熱い3日間が始まります。

Member Login

※パスワード忘れた方はコチラ

正会員|賛助会員